■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
出離の楽しみを味わうのじゃ。
 ダンマパダにはこのような句がある。


 わたしは、出離の楽しみを得た。それは凡夫の味わい得ないものである。
 それは、戒律や誓いだけによっても、また博学によっても、また瞑想を体現しても、またひとり離れて臥すことによっても、得られないものである。
 修行僧よ。汚れが消え失せない限りは、油断するな。

 出離の楽しみとは悟りそのものの事じゃ。
 それは戒律や誓いだけによっても、また博学によっても、また瞑想を体現しても、またひとり離れて臥すことによっても、得られないと書いておる。
 戒律や誓い、知識を多く知ること、瞑想、孤独によっても得られない。

 それらはただ悟りを得る助けになるもの、手段に過ぎないものじゃ。
 それをどんなに上手く、また長期間にやったと言っても、それだけでは悟りは得られないのじゃ。

 戒律は日常生活を正しくすることで、自らを追及する環境を作り出すものじゃ。
 誓いは道を歩む意志を確立させる。
 それらは助けにはなるが、それだけでは悟りを得る事にはならない。

 博学、知識を学び、多く知る事もまた悟りを得る事にはならない。
 良くある誤解が、世にある科学と言うものが法則を知る事を目的にしている故に、仏教も法を知るという事が悟りではないかと思われておる。
 しかし、なにものかについて知識を得たとしても、苦は無くならず、智恵が生じる事も無い。
 それ故にそのような知識や思想、ものの考え方などは悟りを得るものとはならないのじゃ。
 多く知ることによって、修行する上で助けになり、不安が無くなるという事はあるじゃろう。
 しかし、知識を悟りだと思い、それに囚われれば悟りは遠ざかる。

 瞑想もまた手段であり、それで悟りを得るということはない。
 瞑想の中で己を無くすサマーディなどの深い瞑想も、悟りではない。
 瞑想は心を観る手段として有効であるから、行うものに過ぎないのじゃ。

 孤独であることも、修行の役には立つ。
 独りでいれば他人からの反応で生きる事無く、自らを偽る必要も無い。
 己の心を観るには良い環境となるものじゃ。
 しかし、ただ独りでいるだけで、悟りが得られるものではない。

 それらの環境や方法は、全て助けにはなっても、直接悟りを得るためのものではないのじゃ。
 悟りは人が何の方法も無く、ただ己の本心を真摯に観た時に起こる。
 己と言うものが起こる時、完全に注意して見守れば、それが実は己ではなかった事が判る。
 心の中の習慣として己が起こる。
 観るべきものはそれのみなのじゃ。
 そして己が無くなり、認識をも実体が無いものと観る時、完全な悟りはやってくる。

 言葉にすればこのようになるが、言葉を超越した悟りが実際にこのように起こるわけではない。
 そのような悟りによって煩悩の汚れは全て消え去る。
 その時まで、油断無く精進するべきであると経典は語っている。
 
 この句によって、悟りを得るためには、戒律や誓いや知識や瞑想や孤独などに囚われ、時間をとられるのは間違いと判るじゃろう。
 手段や知識や環境はは、己の本心を観るためでなければ、却って回り道となるものなのじゃ。
 手段や知識を捨て、己の本心が観られたならば、出離の楽しみを味わうじゃろう。
 その時にはすでに必要としない楽しみを、自ら味わうのじゃ。
スポンサーサイト


ダンマパダ(法句経)解説 | 19:59:24 | Trackback(0) | Comments(15)
コメント
定期健診で偶然見つかった内臓の影。これから精密検査を経て良悪の判定をします。
不安・恐怖・嘆き・さまざまな妄想や葛藤、そして頭・胸・腹・背中などの筋肉の緊張を出来るだけ観察するようにしたいです。
何かアドバイスがあれば御願いします。
2011-02-18 金 16:47:55 | URL | 一読者のクマ吉 [編集]
Re: タイトルなし
> 定期健診で偶然見つかった内臓の影。これから精密検査を経て良悪の判定をします。
> 不安・恐怖・嘆き・さまざまな妄想や葛藤、そして頭・胸・腹・背中などの筋肉の緊張を出来るだけ観察するようにしたいです。
> 何かアドバイスがあれば御願いします。

人が死に直面する時、それこそが最大のチャンスじゃ。
もはや他に逃れる道が無い時、人は自らに変容を許す。
変化していく事を恐れず、自分に許すならば、悟りは速やかにやってくるじゃろう。
おぬしにもそのチャンスが訪れたのじゃ。
今こそ肉体が己ではなく、己のものでなく、ただ在るだけのものと了解する時じゃ。
肉体は自らの意のままにならず、勝手に成長し、滅びていく。
それを己であると思うのが謬見という。

滅びて行く肉体の中にも、滅びる事の無い意識があるのを観るのじゃ。
それは天地や空間と同じ意識を共有している。
不死であり、永遠に属し、時の無い境地に行く事を己に許すのじゃ。
2011-02-23 水 20:39:40 | URL | 鬼和尚 [編集]
普通に働いていいのじゃ。
禅にも悟った後に酒屋で働いている者がおった。
インドの目覚めた者にも煙草屋をしながら人を教えている導師がおった。
わしも働いておる。

もはや世を捨てる気になったならば、出家遊行僧になってもよいのじゃ。
2011-02-23 水 20:43:52 | URL | 鬼和尚 [編集]
お言葉を頂戴し誠に有難うございます。
ショックと焦りから大袈裟な書き込みをしましたが現時点での深刻度は低そうです。
でも、恐怖や不安その他の心配の種は尽きません。
力を抜いて鬼和尚様の御言葉を読み返します。恐れを認め観察し、体の緊張を観察します。
息を吐きリラックスし、それでもツライ時は心を集中し天地に意識を向けます。
週明けに確定診断が出ますので、その時はまた心の状態を報告させて頂くかもしれません。
失礼致しました。
2011-02-24 木 13:04:09 | URL | 一読者のクマ吉 [編集]
どういたしましてまたおいでなさい。

2011-02-27 日 12:03:59 | URL | 鬼和尚 [編集]
鬼和尚様こんにちは。今日診断日でしたが完全な確定にはいたらず再検査となりました。しかし再検査は予想より上手く受けられそうです。
でも決して楽観はできません。家族の心配する姿がつらいです。
治療に取り組みながら心の観察にも取り組みたいです。あまり緊張せずに心を観察できるコツがあれば御教え下さい。何度も似たような質問でスミマセン。
2011-02-28 月 13:45:00 | URL | 一読者のクマ吉 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-01 火 14:00:33 | | [編集]
>普通に働いていいのじゃ。
禅にも悟った後に酒屋で働いている者がおった。
インドの目覚めた者にも煙草屋をしながら人を教えている導師がおった。
わしも働いておる。

それは出離の楽しみを味わうということで

>その時にはすでに必要としない楽しみを、自ら味わうのじゃ

ということですね。

今、観ずる処、純粋観察者であると思われる認識にあるとすると
すべての技を捨てるという安堵的な趣が、ただあり
その状態の居心地の良さを、かんじております。
2011-03-02 水 19:16:44 | URL | sei [編集]
早期ガンでした。
結論が出ました。早期のガンでした。今回は手術で完治できそうです。
でも不安は残りますし、やはり今は家族の悲しみを和らげたいのが本心です。同じ質問の繰り返しは撤回します。鬼和尚様の教えを参考にしながらも自分なりの真の道を求めて行きます。有難うございました。
2011-03-07 月 13:47:55 | URL | 一読者のクマ吉 [編集]
和尚様へ

悟ったあとも集中力は必要でしょうか?

宜しくお願いします。
2011-03-08 火 18:44:56 | URL | sei [編集]
悟ったあとには集中力は必要ないのじゃ。
何も必要ではなくなる。
必要ではないが智恵があり、全てがある。
それこそ大悟徹底というものじゃ。
2011-03-09 水 14:16:23 | URL | 鬼和尚 [編集]
Re: 早期ガンでした。
> 結論が出ました。早期のガンでした。今回は手術で完治できそうです。
> でも不安は残りますし、やはり今は家族の悲しみを和らげたいのが本心です。同じ質問の繰り返しは撤回します。鬼和尚様の教えを参考にしながらも自分なりの真の道を求めて行きます。有難うございました。

大変じゃのう。
そのような時こそ体の力を抜くのじゃ。
胸を張り肩の力を抜き、そのままの状態を維持しながら観察するのじゃ。
体の力が抜ければ心もまた緊張が解けるものじゃ。
心身不二なのじゃ。
2011-03-09 水 14:18:52 | URL | 鬼和尚 [編集]
どういたしましてまたおいでなさい。



2011-03-09 水 14:19:37 | URL | 鬼和尚 [編集]
アメリカ人にも仏性はありますか?
2011-03-09 水 14:42:48 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
全ての者に仏性はあるじゃろう。
2011-03-16 水 14:09:13 | URL | 鬼和尚 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad