■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
苦を滅する法を実践するのじゃ。
 久しぶりにダンマパダから学ぶのじゃ。

273 、 もろもろの道のうちでは<八つの部分よりなる正しい道>が最もすぐれている。
もろもろの真理のうちでは<四つの句>(四諦)がもっともすぐれている。
もろもろの徳のうちでは<情欲を離れること>が最もすぐれている。
人々のうちで<眼ある人>(ブッダ)が最もすぐれている。

274 、これこそ道である。
見るはたらきを清めるためには、この他に道は無い。
汝らはこの道を実践せよ。
 これこそ悪魔を迷わして(打ちひしぐ)ものである。

275 、 汝らがこの道を行くならば、苦しみをなくすことができるであろう。
 (棘が肉に刺さったので)矢を抜いて癒す方法を知って、わたくしは汝らにこの道を説いたのだ。

276 、汝らは(みずから)つとめよ。
 もろもろの如来(修行を完成した人)は(ただ)教えを説くだけである。
 心をおさめて、この道を歩む者どもは、悪魔の束縛から脱れるであろう。

             (岩波文庫 ブッダの真理の言葉 中村元訳より抜粋)

 この四つの句の中にはお釈迦様の教えがどのようなものなのか、良く語られておる。
 始めに人が行くべき道としての八正道が説かれ、
 観察の目標としての四諦が説かれ、
 執着の原因となる情欲を離れる事が説かれておる。

 そして、次の句ではそれらが見ること、観察を清めるためのものであると説かれておる。
 
 更にそれは苦しむ民衆のために説かれた方法であると宣言しておる。
 その方法も如来はただ説くだけであり、人が自ら修行しなければならないと言われる。

 このように説かれている通り、四諦八正道などは人が実践すべき法であり、観察の為の方法なのじゃ。
 苦に悩む人々はそれを自ら実践する事で、苦を滅する事が出来る。

 そのように心を観察し、究明する事が観察力を養い、心の働きに気づく力となるのじゃ。
 苦が原因から生じ、原因が無ければ消えると観察する筋道が、自我をも観察する手立てとなる。
 自我もまた縁によって起こるものでしかない故にのう。

 それが如来によって説かれたのは、人々の苦を抜くためであるのじゃ。
 苦を滅するための四諦八正道によって、人を悩ます苦が滅し、観察力を養い、観察の為の筋道がわかるのじゃ。

 そのように優れた方法も人が自ら実践しなければならないものじゃ。
 実践しなければお釈迦様と言えども、他人の苦を滅する事など出来ないのじゃ。
 例えば誰かを連れてきて無理やり座らせたとしても、その間中瞑想をせずに金勘定をしている事も出来るじゃろう。
 このように誰も他人に苦を滅する事を強制は出来ず、自らの意志によって行うべきものなのじゃ。

 選択は常に法を知る者に任されているのじゃ。
 賢い者は苦を滅する事が出来ると知った法を、無駄にする事無く修行に励むのじゃ。
 
スポンサーサイト


ダンマパダ(法句経)解説 | 20:36:12 | Trackback(0) | Comments(18)
コメント
こんにちは。時々訪れて読まさせて頂いています。
本当にありがとうございます。
自我は本当は無いもので、幻想のようなものである、ということが
なんとなくですが分かるような気がします。
表現が下手ですみません。
自分というものが死んで、その自分というものを知っていたものも死んでいなくなれば、
本当にこの世、人間なんてものは幻想で、夢そのものではないか、と思います。
でも、今こうして痛みのある肉体に縛りつけられ、
ある意味、不自由な生命活動を強いられている自分というものの存在が全然、未だに解りません。
今こうして存在している意味がさっぱり未だに解りません。
重度の健忘症なのでしょうか?
意味も目的も解らないのに苦しみだけはあります。
瞑想が深まるにつれて、解ってくるものなのでしょうか?
正直、生きているのは辛くて仕方ありません。
2011-08-30 火 23:44:40 | URL | 迷い人 [編集]
重度の健忘症
こんにちは。時々訪れて読まさせて頂いています。
本当にありがとうございます。
自我は本当は無いもので、幻想のようなものである、ということが
なんとなくですが分かるような気がします。
表現が下手ですみません。
自分というものが死んで、その自分というものを知っていたものも死んでいなくなれば、
本当にこの世、人間なんてものは幻想で、夢そのものではないか、と思います。
でも、今こうして痛みのある肉体に縛りつけられ、
ある意味、不自由な生命活動を強いられている自分というものの存在が全然、未だに解りません。
今こうして存在している意味がさっぱり未だに解りません。
重度の健忘症なのでしょうか?
意味も目的も解らないのに苦しみだけはあります。
瞑想が深まるにつれて、解ってくるものなのでしょうか?
正直、生きているのは辛くて仕方ありません。
2011-08-30 火 23:56:59 | URL | 迷い人 [編集]
自分自身を見つめようとすると、今ここにない苦しみを作り出してしまい、ひたすら苦しい。今ここにない物だと距離をおけなくなり、たえがたく苦しい。この先に突き抜けるための苦しみと信じるべきなのでしょうか。
2011-08-31 水 04:47:34 | URL | まぁ [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-06 火 10:13:25 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-07 水 13:10:47 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-08 木 10:19:03 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-09 金 14:29:29 | | [編集]
迷い人

思考するだけではいつまで経っても苦は無くならないのじゃ。
思考はむしろ新たな迷いと苦を作り出すのみじゃ。
今は正にその苦しみを乗り越えるために生きているのじゃ。
苦を滅する法があると知った今、次は実践する事だけが大事じゃ。
その苦の原因を知り、原因から苦が生じ、逃避が起こる事を観察するのじゃ。
2011-09-13 火 10:09:44 | URL | 鬼和尚 [編集]
まぁ

その苦が自分であり、自分のものであると思えばくるしいじゃろう。
それが今ここには無いのに、ただ起こり、それを感じないように今まで自分自身の心を見ないようにしていた事を観察するのじゃ。
原因からただ起こるものである苦が己ではなく、それから逃避していた働きを完全に観察出来た時、苦は滅するじゃろう。
2011-09-13 火 10:16:27 | URL | 鬼和尚 [編集]
のり

瞑想をしているといろいろな感覚が生じてくるものじゃ。
空間が己であると感じるならば、識無辺定に到達したと言う所じゃろう。
それに囚われれば修行はそこで止まる。
囚われずに進めばさらに己が滅するサマーディや、認識をも滅する状態に到達する事も出来るじゃろう。
囚われずに進むのじゃ。

コメントは管理人だけ見られる状態にすると、表示されないのじゃ。
2011-09-13 火 10:32:48 | URL | 鬼和尚 [編集]
そらくんパパ

こちらこそよろしくなのじゃ。
2011-09-13 火 10:33:51 | URL | 鬼和尚 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-09-14 水 14:31:16 | | [編集]
私の席はひとつ
そんな自我との椅子取りゲームをしているかのよう
自我を観れば私は椅子に座っているし
目を離せば自我は椅子に腰掛けている
自我を離せば苦は生じず
私はただ寛いでいる
観はじめた私
それを日々重ねることで
次第に極まっていくものなのか否か
極まりて思うは一本の糸のような意図
菩薩の誓いを思いて
人のそばに寄添う
その一本の糸が私には切れないでいます
2011-09-26 月 10:16:28 | URL | sei [編集]
無理に切らなくて良いのじゃ。
なにもかも在りのままに観るだけで良いのじゃ。
全ては来ると時に来て、去る時がくれば去っていくものじゃ。
2011-10-03 月 22:35:58 | URL | 鬼和尚 [編集]
ありがとうございます☆
在りのまま観たいです。
2011-10-04 火 08:47:51 | URL | sei [編集]
いい事じゃ。
精進あるのみじゃ。
2011-10-05 水 12:20:46 | URL | 鬼和尚 [編集]
戒め
こんばんは。
ダンマパダに関して質問です。

第六章 戒め
1 聡明な人は、三つの宝をもとめるならば、戒めを守れ。
  その三つとは、世の人々の賞賛(=名誉)と、財の獲得と、死後に天   上に楽しむことである。

2 この三つの事柄をはっきりと見て、賢者は戒めを守れ。尊い人は正し  い見解を具現して、世の中で幸せを得る。

と在りますが釈尊がここで述べて居られる「戒め」と言うのは、具体的にどういうものなのでしょうか?

2012-03-05 月 18:33:40 | URL | 悟空 [編集]
十善戒というものがあるのじゃ。
不殺生戒 生物をみだりに殺したりしない。
不偸盗戒 人のものを盗んだりしない。
不邪淫戒 不倫とかをしない。
不妄語戒 うそをつかない。
不綺語戒 意味の無いおしゃべりをしない。
不悪口戒 罵詈雑言をしない。
不両舌戒 他人同士の中を悪くするような事を言わない
不慳貪戒 欲張りなことをしない。
不瞋恚戒 怒り狂ったりしない。
不邪見戒 邪な見解を持たない。
このような戒を守れば大きな果報があるじゃろう。
2012-03-08 木 22:21:34 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad