■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
瞑想の心得
 瞑想を長くしていると、自分と言うものが消える瞬間があるものじゃ。
 すでに何度か味わった者も居るじゃろう。

 自分が自分であると言う感覚。
 自分であるという認識。

 そのようなものが深い瞑想の中では消えて行くじゃろう。
 それに恐怖を抱き、止めてしまうと瞑想もまた進歩を止めてしまうのじゃ。

 自我というものが自分であり、守らなければ成らないもの、守るものが自分である、というような観念を抱いていると、それが消える時に恐怖を生じるのじゃ。
 また自我は生きていくのに絶対に必要とか、無ければならない、無いと死んでしまうとか思っていても、消える時に恐怖を感じるのじゃ。

 例えば体を守るために鎧を着た昔の侍でも、安全な所で寝る時には鎧を外したじゃろう。
 そのように自分を守る意識を外した時、眠りのように深い瞑想が訪れるものじゃ。
 
 そこでは自我も絶対に必要ではなく、なくてはならないものではなく、無くても死ぬ事は無いと知るじゃろう。
 
 眠りには瞑想の真髄があるものじゃ。
 観察してみれば人が眠りに入る時、自らを守ろうとする意識をも捨てるしかないと判るじゃろう。
 そのように自らを守ろうとする意識を捨てる時に、瞑想は自我を忘れる境地に入るのじゃ。
 
 人は眠りに入る時、自ずから瞑想の心得を行っていると言える。
 起きていながら眠りの心境を実現するのが、瞑想であるとも言えるのじゃ。
 
 修行に進歩がないと感じたり、深い瞑想に入れないと思ったならば、毎晩の眠りに入る瞬間を観察してみるのじゃ。
 眠りに落ちる瞬間の、自分と自分を守ろうとする反応を捨てる様は、なによりも瞑想の参考になるじゃろう。

 そのようにして自分と自分を守ろうとする意識を捨てた時、安らぎと静寂が在る。
 自我が無い時、守るものが無いから安らぎがあり、守るための分別が無いから静寂が在る。

 自我が無くともその安らぎと静寂を観るものがある。
 それすらも超えた時に、真の悟りは在るのじゃ。
 
 速やかに悟りを求めない者も、自我の無い境地を楽しむのじゃ。
 静寂と安らぎに没入し、自我は確かに忘れられるものであり、無くても良いものと知るのじゃ。
 やがて朝になれば日が昇るように、不要なものを捨て去った修行者に自ずから悟りは訪れるじゃろう。

 
スポンサーサイト


テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

悟りを得るための修行法 | 21:29:51 | Trackback(0) | Comments(21)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-10-30 日 12:23:27 | | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-11-06 日 22:02:13 | | [編集]
珍念
それもまた気づきと言えよう。
しかし、全てを超越した悟りにまで行き着かねば、その平和もいつかは無くなるものじゃ。
それを観ているものに依存しているからなのじゃ。
観るものを滅した時、もはや何ものにも依存しない真の不死の境地が現れるのじゃ。
何ものにも依存しないから滅する事も生じる事も無く永遠の境地と言える。
そこに到達するまで修行を止めてはいかんのじゃ。
2011-11-09 水 18:17:03 | URL | 鬼和尚 [編集]
k
いい事じゃ。
さらに瞑想の楽しみを味わうのじゃ。
またおいでなさい。
2011-11-09 水 18:31:00 | URL | 鬼和尚 [編集]
和尚様、至らない点を御指摘下さり、有り難うございます。
もう一つお聞きします。その観るものを無くすには、自己観察と観察力を養う為に座る、という事でよろしいのでしょうか?
2011-11-09 水 20:22:01 | URL | 珍念 [編集]
和尚様、私はその平和が実は悟りなんじゃないかと、勘違いしていました。誤りを指摘して下さって、有り難うございました。これからも、自己観察と座禅を続けて参ります。
2011-11-10 木 20:18:05 | URL | 珍念 [編集]
時代は末法だと言われますが
生きていくのが、とても大変な時代だと感じます。
より良く生きようとすれば、尚更です。

この裟婆世界は、大変です、本当。

救われたい。
2011-11-11 金 17:36:22 | URL | まるまる [編集]
Re: タイトルなし
珍念
その通りじゃ。
自らを観察する事こそ悟りへの王道なのじゃ。
もはや修行する己が無くなり、修行すると言う事も無くなるまで座るのじゃ。
悟りは自ずから来るじゃろう。

2011-11-12 土 21:20:10 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
まるまる

少しずつでも修行すれば心は不動になり、智恵も湧くじゃろう。
数息観などをやってみるのじゃ。
悟りへの道である法こそ娑婆世界を渡る船なのじゃ。
2011-11-12 土 21:23:08 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
悟りにつきまして
はじめまして
私ですが、生後間もなく脳の損傷により身体に障害があります。
知能には全く障害はありませんが、自己判断ですが国語の学習障害がありそうな感じですので、変な文章表現になるかもしれませんが、ご了承願います。

実は、去年くらいから生まれつきの身体障害の影響により、首を悪くしてしまい、障害が重くなってしまいました。(生まれつきの身体障害の症状で、首が勝手に動いてしまいます)
その事がきっかけで真に生きる事について考えるようになり、震災前の今年3月位から精神世界系の本を読んだりネットで記事をを見るようになりました。私には精神世界系に詳しい友人がいまして、10年位前からその事についての話を友人からよく聞いたりしましたが、多少の興味程度しかありませんでした。本気で人生の全てでもって悟りを求めるようになったのは、今年の3月位ですからまだ9ヶ月くらいしか経っていません。その間にラジニーシ・クリシュナムルティ・グルジェフ・ラマナマハリシ・パパジ・ガンガジ・ニサルガダッタ・マハラジ…等の本やネットの記事などをひたすら読み、可能な限り日常生活全てに実践している状態です。今年の8月30日にパパジの本を読んでいる時に悟り(真我)体験をしました。それから1ヶ月間位は、静寂・平安・愛・無限・完全に満たされている…等といった状態が続きました。今現在は、自我(思考・感情・欲望)を静めるのは容易になってきているのですが、悟り体験(サマーディ)状態にはならなくなってしまいました。一昨日位から在るという事も自分の頭から離れ始め、今は大半は観る事のみしか頭にない状態です。(それまでは在るという事も意識することにより、自我に囚われる事を自分なりに防いでいました)実は1ヶ月位前に電車の待ち時間時に、じっと自我をだだ観ていましたら、観ている自分がいなくなるような感覚になり、思考や感情が現れては、ただ過ぎ去っていくような不思議な状態を味わいました。現在までにそのような体験を2回位味わいました。
今は24時間365日可能な限り常にただ観る事のみを実践しているつもりであります。(自分の思考・感情・欲望などの内面だけでなく、目に映る光景や、音など、外に起こっている事に関しても全てをあるがままに観るようにしています)
このような私でありますが、ゴーダマ・ブッダのように悟りに至る事は出来ますでしょうか?今の私は日常生活(仕事や恋愛…等)よりもその事を一番に行っている状態です。(真に生きる事について人生の全てでもって取り組んでいる状態です)私は無意識の観察や自我の解体とかそのような体験はまだしていないと思います。ここに来て初めてそのような言葉を耳にしました。

長文及び支離滅裂な文になってしまい、申し訳ありません。
失礼致します。
2011-12-04 日 21:35:01 | URL | 探究者 [編集]
気づきによる忘我の状態に達したようじゃのう。
そのように何もかも忘れて修行を続けるならば、やがて完全な悟りに至るじゃろう。
それには今の状態にも囚われない事じゃ。
やがて体が無くなったような感じになったり、全ての空間が己と一つになったように感じたりもするじゃろう。
全ては完全な悟りに至る小さな気づきや感覚に過ぎないものじゃ。

自我のためにではなく、死を超えるために自我も捨てる道を選ぶ事で修行は最後まで続けられるじゃろう。
その時まで精進あるのみじゃ。
2011-12-05 月 20:45:09 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
有難うございました
鬼和尚天空 様

ご返信頂き有難うございました。
今後も可能な限り全てをあるがままに観るようにのみを行っていきます。
最後に質問ですが、実は私ですが、呼吸障害と嚥下障害もある為、どうしても数息観が出来ません。(you tubeの動画のようにはとても出来ず、むせたりして呼吸困難のようになってしまいます)
出来る事といえば、あるがままに観る事のみです。
数息観が出来ないという事がネックになり、悟りに至るのが困難になったりしないでしょうか?
宜しくお願い致します。
2011-12-06 火 00:30:37 | URL | 探究者 [編集]
 数息観は集中力を養うためのものなのじゃ。
 息が数えられないならば、体の一部に集中するといいのじゃ。
 眉間とか、胸の中心、心臓の辺りに意識を集中するのじゃ。
 眉間に集中する時は、あまり強く集中すると目の周りの筋肉が緊張して頭痛がしたりするから、軽く意識をかける位にするのじゃ。
 集中力が高くなると、心身のコントロールも上手くなるものじゃ。
 実践してみるのじゃ。
2011-12-09 金 10:22:18 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
ご教示頂き有難うございました
鬼和尚天空 様

早速実践してみました。
今までよりも瞑想が深まって行くのを感じます。

ご教示頂き有難うございました。
2011-12-11 日 01:40:17 | URL | 探究者 [編集]
どういたしまして、またおいでなさい。
2011-12-12 月 11:17:48 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
和尚様! 2chで見てここに来ました。
数息観について是非教えてほしいんですが、止め時はいつなんでしょう?
昨日は初めて身体が寝てるような感覚になりました。
今日は昨日よりかなり長い時間(2時間くらい)身体は寝てるけど、意識は
ある状態でした。なにも考えれない時間があったりしたんですが
これであってるのでしょうか?
知らぬ間になにかを考えたり想像したりしてたのできづいたら
数をかぞえるようにしてるんですけどどうやって止めるかがわかりません。
 適当に自分で切り上げてるんですけど
やめたらすごい爽快な気分でしたが身体が痺れがまだ残ってる感じでした。

どうかご教示ください。
2011-12-27 火 14:20:21 | URL | mik [編集]
やり方はそれでいいのじゃ。
雑念に気づいたら、呼吸に意識を戻すのじゃ。
いずれ呼吸にのみ集中できるようになるのじゃ。

止めるのは自分でタイマーとかをかけておいて、20分とか30分で鳴ったら止めるという風にしておけばよかろう。
或いは往復10回数えたら止めるとか、寝る前にやって眠くなったら止めるとかでもいいのじゃ。
2011-12-27 火 21:04:20 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
なるほど。さっそくのお返事ありがとうございます!
ぼくは2chの本スレで馬と水掛け論をしてる人間です。
今までの自分は自分で確かめないと気がすまない自我を持ってると
思います。和尚さまやお釈迦さまの言う理屈や知識ではなく実践あるのみ、
疑うならいくらでも疑うがいいという言葉をきっかけに始めました。
正直本当に悟りがあるのか?自分は悟れるのか?ということが心配です。
これも己に執着してる証拠なんでしょうか。。
というか2,30分でいいんですね。。。今日途中、中断も含め5時間くらいしてました。。
2011-12-28 水 02:10:32 | URL | mik [編集]
実践すればいろいろと真実がわかってくるものじゃ。
たとえ悟りが得られなくとも、苦を滅しただけでもかなり安楽になるのじゃ。
実践在るのみじゃ。
2012-01-05 木 09:39:58 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
分かりました。 あきらめずに実践していきます。
2012-01-05 木 20:03:47 | URL | mik [編集]
そうじゃ、続けて行けば大きな果報を得るじゃろう。
またおいでなさい。
2012-01-14 土 19:32:24 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad