■プロフィール

鬼和尚天空

Author:鬼和尚天空
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■ブロとも申請フォーム
心をゴミ箱にしてはいかんのじゃ。
  
 社会で生きる人間は、日々の糧を得るために、心をゴミ箱のように扱っている者が多いのじゃ。
 社会では感情をそのままに表す事がいけない事だと教わり、自分の心を偽ったり、抑圧したりしているのじゃ。
 日頃の嫌な事やストレスなどを、全部心の中に捨てて、無かった振りをしているのは、心をゴミ箱にしているようなものじゃ。

 自分の感情を抑え、心に嘘をついているといつかは爆発してしまうじゃろう。
 長年真面目に働いてきたのに、わけのわからぬ犯罪を行って全て失ってしまう者などは、その類じゃのう。
 あるいはうつ病になったり、ひきこもりになったりするのじゃ。

 自分の心を無視して無理を重ねていれば、心は限界を超えてしまうからなのじゃ。

 心は人の主であり、世界を形作っているものじゃ。
 その心をないがしろにしていると、いずれ制御できなくなり、破綻してしまうのじゃ。



 そのような事の無いように、心をゴミ箱にしないためには、先ずは己の心に嘘はつかない事じゃ。
 自分の心の想う事を、押さえつけたり、無かった事にせずにありのままに認めるのじゃ。
 時には嫌な者が死んだりして喜ぶような、非常識的な想いが起こる事もあるじゃろうが、それもまた己のあるがままの心として認めるのじゃ。

 そのようにして心の本当の想い、本心を受け入れる事で、心が限界になる時にも敏感にわかるものじゃ。
 
 そして時には独りで心を観る時間を作り、自らの想いを省みるのじゃ。
 苦しかったり、怒ったりする激しい感情があれば、なぜそれが生じるのか、原因を探してみると良い。
 原因が判ればそれを滅する事も出来るのじゃ。

 そのようにして常に心を偽らず、心を観て整えていれば、破綻する事も無いのじゃ。

 心を観る事の効用はそれだけではない。
 心の中にある昔からの拘りや苦を滅する事も出来るのじゃ。

 たった一つの苦を滅するだけでも、世界は新しくなり、喜びが生じるものじゃ。
 どれほど金や名声や権力があっても、決して得られない、自らの世界を変える力がある。
 それが心を観る修行なのじゃ。

 その法に巡り合えた事は非常な幸運といえるのじゃ。
 修行者はこの幸運を無駄にせず、修行に励むのじゃ。
 
スポンサーサイト


テーマ:悟り。 - ジャンル:心と身体

元気が出る説法 | 21:30:10 | Trackback(0) | Comments(12)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-01-31 火 17:58:37 | | [編集]
鬼和尚さん

イライラして、それが幻だと考え(意識して?いい言葉が浮かびません)、イライラが解消するよう無意識に期待して、それが求不得苦だと考えて、やはりイライラが続いている。イライラを改善したいと意識して・・・なぜ改善したいのか?疑問に浮かび、意識はどこに向かっているのだろう?と観察しました。

普通、意識は富を得たい、健康にいたいというところに集中しますが、悟りを得るためには、どこに意識を持っていけばいいのでしょうか?

その意識すら、観察してしまうと、何がなにやら分からなくなって、自分や言葉、感情という枠組みがなくなってきます。それが続けば悟りに近づくのかもしれませんが、すぐ終わり、とても集中力と使った疲労があります。なんかこれじゃない感がします。

どうしたらいいのでしょうか。
2012-02-01 水 20:45:26 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
もっと心の奥にそれら全てを観ている意識が在るじゃろう。
それに集中するのじゃ。
イライラしている心、それを消そうとしている心、それらを全て観ている意識がある。
それは思考に依らず、言葉が無く、沈黙によって常に在るものじゃ。
それを知れば自分の心の奥に、そのような静寂な意識があったのかと驚くじゃろう。
それは未だ悟りではないが、観察の役に立つものじゃ。
2012-02-05 日 20:36:11 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
Re: タイトルなし
> 思考を分離

それでいいのじゃ。
その観察結果にも囚われずに更に進むのじゃ。

2012-02-05 日 20:38:22 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-14 火 01:39:02 | | [編集]
忘我とは瞑想の中に己を忘れるサマーディの事じゃろう。
禅定とはディヤーナの当て字であり、集中している状態を表すのじゃ。
集中が極まり、己を忘れた時、サマーディと呼ばれるのじゃ。
サマーディの状態で観察を行うならば、己を見るのも容易くなるものじゃ。
それらは間違いではないのじゃ。

サマーディに入るにはただ姿勢を正しくする事じゃ。
姿勢こそ瞑想の基本なのじゃ。
全ての技は基本から始まり、基本に還るものじゃ。
座るのに慣れると癖がついて姿勢が悪くなったりするのじゃ。
初心に戻って姿勢を正せば更に深い瞑想に入れるじゃろう。
2012-02-15 水 20:31:02 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-16 木 16:16:13 | | [編集]
最後の2行、本当にそうだと思いました。
ありがとうございます。
2012-02-22 水 22:12:14 | URL | 小鬼ちゃん [編集]
K

第一禅定は未だ思考が残っている故に、未だサマーディには遠いのじゃ。
第二禅定からはいつでも集中の中に己を忘れた時、サマーディに入れるじゃろう。

集中しながら体全体が意識されるのはヴィパッサナーのようじゃのう。
おぬしには向いているのかもしれん。
瞑想の中で少し思考が残るのならば第一禅に入っていると言えよう。

瞑想中に表れる映像には囚われないようにするのじゃ。

座布団も姿勢を正しくするために使うといいのじゃ。
2012-02-23 木 21:33:48 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
小鬼ちゃん

どういたしまして、またおいでなさい。
2012-02-23 木 21:42:04 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-02-24 金 05:50:05 | | [編集]
こちらこそよろしくなのじゃ。
2012-02-29 水 18:44:00 | URL | 鬼和尚天空 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad